吉本歯科医院は「噛み合わせのバランス」を専門に
インプラント治療を行っている歯科医院です。

全ての歯科治療の基本を「(噛み合わせ)のバランス」を基本に行っている吉本歯科医院は恐らくあなたさまが今まで通っておられた通常の歯科医院とは全く異なる考え方や理論で治療を行っております。

香川はもとより四国各地からお越しになられるあらゆる難症例の患者さまのインプラント治療から構築されたインプラント治療システムのため、今まで通ってこられた歯科医院での治療方法を普通にイメージされておられる患者さまには一度で理解することは非常に難しいかと思います。

ですので、吉本歯科医院の院長、吉本彰夫の治療に対する考え方をどうぞよくご理解頂き、そしてご自身が治療をお受けになれるかどうかをご検討いただければ幸いです。

吉本歯科医院 院長 吉本 彰夫

はじめまして。

吉本歯科医院の院長、吉本彰夫でございます。

これだけ多くの数ある歯科医院の中から私ども吉本歯科医院に関心をお寄せくださったこと、ありがとうございます。

ここでは、どうすればあなたさまのお口の状態が将来にわたって安心できる、インプラント治療が可能になるのか、という事をお話しようと思います。

歯科の治療で最も重要なのは、噛み合わせです。

専門的には、咬合(こうごう)と言われています。

吉本歯科医院ではお越しになられる患者さまに対して

「噛み合わせが歯科治療においては最も大事なんです。」と、開業以来お伝えしております。それは通常の虫歯治療であれ、入れ歯であれ、インプラントであれ、全て基本は同じです。

しかしこの「噛み合わせということが、最も歯科治療に大事だ」ということに全く気づいていない、そして噛み合わせを全く無視し、虫歯治療の際に安易に歯を削ったり・・・というのが通常の歯科医院では行なわれています。

虫歯治療で噛み合わせの高さが崩れ、そのことが原因で歯並びがどんどん悪くなっていく、ということも普通に行なわれています。

また、噛み合わせの重要性は認識していても、実際に噛み合わせをきちんと出来る方は、ほんの少数です。

例えば、吉本歯科医院では本当によくあるご相談です。

「上の前歯が前に飛び出ているので治して欲しい」といった場合です。

通常であれば、出ている前歯だけを引っ込めようとその部分だけを矯正治療なりを行い、計画を立てます。

しかし、吉本歯科医院でのアプローチは全く違います。

「なぜ前歯が飛び出てきたのか?」という問題点をまず探ります。

前歯が出てくる方の場合、多くは、その咬む相手となる下の前歯との噛み合わせが悪い、ということが原因になっています。

ですので表に出ている前歯を引っ込める治療を行う場合には、必ずその相手となる下の前歯との噛み合わせをきちんと治してから主訴の治療に移ります。

その根本の原因となる「噛み合わせ」を考えずに治療をはじめてしまった場合、どういうことが起こるかというと

  1. 前歯だけを治しても、毎日咬み合う下の歯との過剰負荷により1〜2年でまた前歯が出てくる(またはもっとひどくなる。
  2. 治した前歯の根が割れて抜かなければならなくなる。抜いた後はさらに両隣の歯の神経を抜いてブリッジへと延々続きます。インプラントにした場合には今度は下の歯がちびてしまう。歯がちびて磨り減って下の歯の神経を取らなければならなくなる。と延々続きます。
  3. 悪い噛み合わせで毎日咬み続けることによりさまざまな全身への不調が起こる。

といったことが起こります。

実際、よくよくお聞きすると、外れた後、楽になった。目覚めが良くなった。奥歯でよく噛めるようになった。と言われる方が多くいらっしゃいます。

いろいろな歯科医院で治療をされ、吉本歯科医院へ辿り着いた、という患者さまから、「なぜ、吉本歯科医院での治療はちゃんと治っていくんですか?」と質問されることがよくあります。

その答えは、「噛み合わせをキチンとする」ということを全ての治療の基本にしているから、なのです。

歯科の治療といえば、悪い部分だけを治す、または美しく見せる、ということがあまりにも最終目的とされているように思います。

しかし、噛み合わせは体全体のバランスを取る要となっていると言っても過言ではありません。

噛み合わせの悪さひとつで、体のバランスは面白いほど崩れていきます。

また噛み合わせのバランスを正常に戻すだけでまっすぐ歩けなかった人がまっすぐに歩けたりもするのです。

そういった意味で、私たち歯科医師は、お口の中で起こっていることを通して患者さまの体全体を「診る」といった視点が絶対に必要です。

吉本歯科医院ではあらゆる治療にこの考え方が基本としてあります。

噛み合わせが悪いと・・・

こんな経験はありませんでしょうか?

例えば、合わない入れ歯があります。

歯医者さんに行って、先生にちょちょっと入れ歯を削ってもらう。

しかし、一向に入れ歯は合うどころか良くはならない。

良くならないどころか、だんだん悪く、がたがたになっていく・・・

噛み合わせが悪いことでお悩みになっていらっしゃる患者さまは「咬めない」「痛い」「おいしくない」ということを、ご自身の身でもって日々実感しておられます。

ですので私が治療の際に、「重要なのは噛み合わせなんですよ。」というと、

「おっしゃるとおりです」と本当にストレートにご理解くださいます。

重要なのは噛み合わせ

歯の「噛み合わせ」と言うと、上と下の歯の当たり具合と思っている方も多いと思います。

また歯科医師ですらそのように理解している先生も多くいらっしゃいます。

しかし、「良い咬み合せ」とはお口を開けて頂き、表面上の歯だけを診察しても判断が付かないものなのです。

顎というのは、頭蓋骨に対して固定されることなくぶら下がっているものです。

体の動きに対して体の重心を整えるための「振り子」のような役目をします。

顎は体の中で左右に渡ってぶら下がっている唯一の器官です。

つまりここがおかしいと全身のバランスを崩してしまう、ということが起こります。中には、整体でも治らなかった肩こり・頭痛などの痛みの原因が「噛み合わせの崩れ」だった事もあるのです。

「良い咬み合せ」とは簡単に言いますと、顎の関節のいい状態で上下の歯がキチンと咬み合い、また前後左右に下の顎を動かした時に顎関節に無理な力がかかることなくスムーズに動ける状態のことを言います。

つまり下顎がちょうど「振り子」のように動けるようになっていることが必要です。

顎は体の中で左右に渡ってぶら下がっている唯一の器官

吉本歯科医院では、こういったことを治療の基本にし、当院で行なう治療の全てを「良い噛み合わせ」を考慮しながら治療計画をたてております。

吉本歯科医院では、インプラント治療を成功させるために、「良い咬みあわせ」を基本に治療設計を行います。

そうすることで、歯がない部分だけ単純にインプラントを埋入し、歯を入れるのではなく、そのインプラントが将来的にもつようにするために、インプラントが咬み合う相手のご自分の歯との咬みあわせのバランスを調整しながら治療を進めます。

また、ここ数年、患者さまの中でも歯を失った時に入れ歯やブリッジを選択される方よりも、インプラントを選択される方が本当に増えてまいりました。

ただ、このインプラント治療ですが、あまりにもいろいろな情報が飛び交っており、もし私が患者さまの立場だったとしたら、「一体何を信じたらいいのだろう」と迷ってしまう状況であることも確かです。

また、最近では「たった一日で噛める」などといったうたい文句で、手術の簡単さ、安易な治療であるということをイメージさせるような広告も数多くあります。

しかし、インプラント治療はそんなに安易なものではない、という事実をここでお伝えしておきます。

インプラント手術を成功させるためには、あらゆる危険性を排除するためにさまざまな工程を用意しなくてはいけません。

それはCT検査であったり、3D立体構築画像解析であったり、歯科麻酔医師による静脈鎮静麻酔であったり、患者さまのお口の中に実際に入れるもので言えば、どこのメーカーのインプラントを使用するか?なども重要なポイントです。

問題なのは、その工程としてどれひとつとして患者さまサイドからは「見えない」「分らない」ということです。

手術が実際にはじまってしまえば、ご自身の口の中で一体どんなことが行われているのかなど患者さまには知ることもできません。

ここ1〜2年、私の医院では過去に他の歯科医院でインプラントをしたが、さまざまなトラブルが起こり、「とにかくなんとかして欲しい」という患者さまが増え続けています。

主な訴えは以下の通りです。

  • インプラントがグラグラしてきた
  • インプラントが痛くなってきた
  • インプラントで噛めなくなった
  • インプラントとつないできた歯がグラグラしてきた
  • インプラントの被せ物が壊れた
  • インプラント周囲の歯の骨が溶けてきた
  • インプラントの被せ物がちびてきた
  • 顔がしびれてきた

実際に、患者さまのお口の状態を拝見し、パノラマレントゲンで骨の状態を確認させて頂きますと、「これは壊れても無理はない・・・」というのが私の率直な感想です。

正直申し上げると「インプラント手術で人が死ぬこと」だって今後は出てくるだろうな、というのが私の意見です。

これは当院のインプラント治療に対する治療の基準を深く理解しているスタッフ達がそのレントゲン写真を見てもわかる治療のレベルだったりします。

例えば、骨が非常に薄いところにインプラントを埋入する場合は、通常であれば2本のインプラントを植えるところを私なら3本または4本植えておきます。

そうすることで将来、1本ないし、2本が抜けてしまったとしても十分にその後の患者さまの人生を耐えうる力があると考えます。

しかし、そのぶん費用はもちろん埋入本数分かかってしまいますが、その重要性をご理解いただけた患者さまは「多めに埋入をお願いします」とお申し出下さいます。

また、手術の際にCT画像撮影をして準備しますが、その工程をはぶき、通常のパノラマレントゲンのみで手術に臨んでいる歯科医院も日本全体では8割を占めます。

CT画像撮影をする歯科医院も増えてきましたが、吉本歯科医院ではCT画像だけでは、神経や血管の位置が正しく把握できないためCT画像を3D立体画像解析を行い、手術前には完全にシミュレーションができる状態になっております。

この3D立体画像解析を正しく行っているインプラント専門の歯科医院はおそらく四国では唯一吉本歯科医院のみです。

インプラント治療は安く仕上げようとすれば実はいくらでも安く提供することができます。300種類ほどあるインプラントメーカーも、安いのから最高級のものまでピンからキリまでございます。

金額にはその金額なりの理由があるのです。

ただ、それは私に言わせていれば

「エンジンの搭載していない車」と同じ、なのです。

車は走ってはじめて「車」なのです。

「走らない」「故障を繰り返す」車は、良い車とは言えないのです。

「良い車」とは、

インプラント治療で言えば、

  1. 安全性
  2. 機能性(噛み合わせのバランスが取れている)

この2つを満たしている、ということです。

縁あって私ども吉本歯科医院に出会った患者さまには私は「走る車」を手に入れて頂きたい、そう考えております。
また、整体でも治らない痛み(肩こり・頭痛など)の原因が噛み合わせではないかと思われる方は、噛み合わせを専門とする当歯科ご相談ください。

※吉本歯科医院の「噛み合わせ」に関する情報は、吉本歯科医院本サイト事例紹介、または院長ブログカウンセラーブログなどで随時ご紹介しております。どうぞご覧下さい。

無料メール相談・お問い合わせフォーム

※必須項目を必ずご記入ください。

■お名前 ※必須
■性別 ※必須 女性 男性
■年齢
■ご住所
※資料をご希望される方は、ご記入ください。
■メールアドレス
※必須
■電話番号
※必須
■お問い合せ内容
※必須
歯でお悩みのことについてのご相談
採用に関するお問い合わせ
当院の診療内容に関するお問い合わせ
当院への見学に関するお問い合わせ(歯科医院様向け)
その他お問い合わせ
■吉本歯科医院のWEBサイトを知ったきっかけをお教えください 検索エンジン(ヤフー・グーグル)
ご友人・ご親族からのご紹介
雑誌などを見て
その他

お問合せ

吉本歯科医院
〒761-0113 香川県高松市屋島西町 1968-9
TEL 087-818-1118 FAX 087-818-1181
診療科目:インプラント治療・審美歯科
診療時間:9:15〜18:00 (日・祝日はお休み)
http://www.8181118.com/ e-mail:info@implant8.com

*)整体で治らない肩こり・頭痛などの身体の痛み(噛み合わせが原因かもしれません)、前歯の噛み合わせ、治療費用などもご相談ください。

歯科医師募集

吉本歯科医院の治療の特徴

不正咬合、噛み合わせ、矯正治療はお任せください。高松の名医「院長ブログ」

噛み合わせを治すためのお手伝いをいたします「マネージャーブログ」


噛み合わせの崩れによる肩こり、頭痛などのご相談にのります「カウンセラーブログ」

予約管理をはじめ、噛み合わせを治すためのサポートをいたします「コンシェルジュブログ」


入れ歯や歯のお掃除はお任せください「新人歯科衛生士のブログ」